新刊案内

Wild boar(ワイルドボア)知られざるイノシシの「棲(せい)」

Wild boar(ワイルドボア)
知られざるイノシシの「棲(せい)」

六甲山で暮らす“日本イノシシ”の知られざる生態に迫る!
自然豊かな神戸・六甲山には多くの野生動物が棲息する。とりわけイノシシは目撃情報も多いが、遭遇しケガ人が出ることもある。そのためずっと「害獣」扱いされてきた。2012年、写真家・矢野誠人氏は六甲山の野生のイノシシを求めて山に分け入った。最初は姿さえ現さなかったが、通ううちに少しずつ仲間として認められた。2年以上かけて子どもの「うりぼう」にも会うことができ、四季折々のイノシシ家族の生活を間近で撮影することに成功。そこはまさにイノシシたちの「棲遅」だった。

「イノシシの撮影を通して物事は一面ではないということに気づかされました」と矢野氏は言う。イノシシは「害獣」で人を襲う怖い動物という人間の勝手な思い込みが、9年間のイノシシとのつき合いで砕け散った。「もうイノシシを害獣とは呼ばせない」。

「イノシシの母子を長年撮り続けた矢野氏の 写真は、多くの人々が抱いてきた固定概念を 覆すものだった…イノシシは〝害獣〟ではない!」
ー本書「解説」・林良博(国立科学博物館顧問)

〔本書の内容〕

〔本書の内容〕

初夏(Early Summer)
山奥から母さんイノシシに連れられて
うりぼうたちがやってきました……

秋(Autumn)
赤、黄、橙。六甲は紅葉に彩られます。
うりぼうたちはドングリやクリをカリカリ、ポリポリ……

冬(Winter)
イノシシたちの恋の季節です。
オスのイノシシが山奥からやってきます……

春(Spring)
サクラやツツジが咲き、山は活気に満ちます。
うりぼうたちは母さんと過ごす時間が少なくなり……



矢野誠人(やの・まさと)
動物写真家・写真絵本作家。1984年4月、兵庫県伊丹市生まれ。大学卒業後、保育士として勤務。28歳から独学で写真撮影を始め、スタジオカメラマン兼アシスタントを経て36歳でフリーランスに。野良猫を撮影している時に動物を撮影する楽しさに気づく。次第に野生動物の撮影をするようになり六甲山での撮影を始める。そこでイノシシたちに出会って以来、イノシシの撮影がライフワークとなる。現在は日本各地で野生動物の撮影に取り組んでいる。イノシシの赤ちゃん“うりぼう”を題材にした「密着‼うりぼうの1日」で2020年、第1回「日本写真絵本大賞」金賞受賞。『うりぼうと母さん』(大空出版)で写真絵本作家としてデビュー。
Instagram:mst.dol14

オンライン授業で大学が変わる ~コロナ禍で生まれた「教育」インフレーション~

オンライン授業で大学が変わる
~コロナ禍で生まれた
「教育」インフレーション~

一体、いま大学は
何処へ向かっているのか?

本書では新型コロナウイルス感染症が拡大する中で急速に普及した「オンライン授業」について、主に大学での事例を取り上げながら「現状」と「これから」を考えます。

2020年春、明るい学生生活を思い描いて大学の門をくぐろうとしていた新入生たちに衝撃が走った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために国が緊急事態宣言を発出したのだ。それに伴い大学はロックアウト。学生たちは大学に通えず、自宅でパソコンやケータイを使ってオンライン授業を受けることになった。
戸惑ったのは学生たちだけではない。慣れないICT(情報通信技術)と格闘する教授たちも、どうすればこの環境の中で授業ができるのか、必死にパソコンと向かい合っていた。
問題は山積みだった。試験ができない。学生たちをどう評価すればいいのか。理解度を知るために、どの授業も毎回課題を出す。学生たちは課題地獄と闘わなければならなかった。
ところが、意外にも学生たちの多くはオンライン授業を歓迎していた。コロナ禍で生まれた新常識(ニューノーマル)は大学の在り方を変えてしまったのだ!

思想家・内田樹氏によるコラムや、吉見俊哉東大教授のロングインタビューも収録。ウィズコロナ時代の教育環境に関するハンドブックとしてはもちろん、新型コロナウイルスを中心として揺れ動く社会情勢を捉えたルポとしても貴重な一冊です。


  • 【目次】

  • 第1章 降って湧いた「オンライン授業」 大学で何が起こったのか
    第2章 走りながら考え、教えながら悩んだ 大学教員から見た「オンライン」
    第3章 「教室」が消えた! 学生たちは「大学」に何を求めているのか
    コラム 思想家・内田樹氏に聞く オンライン時代の「新たな教育プログラム」が必要だ
    第4章 コロナ以前の大学にはもう戻れない オンライン授業の未来
    第5章 ロングインタビュー 大学はもう一度死ぬのか? 吉見俊哉・東京大学大学院情報学環教授

堀和世(ほり・かずよ)
1964年、鳥取県生まれ。東京大学教育学部卒業。89年、毎日新聞社に入社。週刊誌『サンデー毎日』に在籍し、取材、記事執筆、編集業務に携わる。2020年に退職してフリー。


1.75%の東大生がオンライン授業に「満足」している理由とは?
現役東大生に聞いたオンライン授業についてのアンケート結果を公開。オンライン授業の望ましい授業形態について、東大生はどう考えているのか?「これから」の大学教育の在り方に迫ります。

2.内田樹氏が語る「新たな教育プログラム」
思想家・内田樹氏が、オンライン授業の導入によって生まれた「新たな教育プログラム」の必要性について解説。オンライン授業が教員-学生間の関係を変化させる可能性について語ります。

3.大学は「再び死ぬ」か?東大教授・吉見俊哉氏のロングインタビューも掲載!
16世紀ヨーロッパにおいて「大学は一度、死んでいる」と話す吉見教授。オンライン授業の急速な拡大は、大学に「二度目の死」をもたらすのか?情報技術の歴史をひもとき、これからのオンライン化の流れを見通します。

矢野誠人の写真絵本 うりぼうと母さん

矢野誠人の写真絵本 うりぼうと母さん

神戸・六甲山で育まれる、イノシシ母子の愛情物語

「発売からわずか1ヶ月で増刷出来!」
【第1回日本写真絵本大賞】金賞受賞作、矢野誠人氏の写真絵本がついに出版!
矢野氏が神戸・六甲山で撮影した自然のままのイノシシの写真にあわせ、うりぼうと母親の日常を物語化した心温まる“写真絵本”となっています。

《あらすじ》
神戸・六甲山に暮らすイノシシの子ども〝うりぼう〟と、その母さん。とってもやんちゃなうりぼうたちは、遊びに夢中で母さんを見失い、さあ大変!
はたして、うりぼうたちは無事母さんを見つけられるのでしょうか?

《この本のポイント》

《この本のポイント》

1.まるで隣にいるみたい!?野生のイノシシに密着!

大自然に生きるイノシシ母子の、ありのままの姿を写した写真を30枚以上収録。
うりぼうやお母さんイノシシの細かな表情までよく分かります。

2.愛らしい写真とストーリーでおくる、イノシシ母子の愛情物語

うりぼうとお母さんイノシシのふれあいを、素敵な写真とストーリーでお届け。
かわいらしいイノシシたちが、くつろぐ様子に子どもから大人までほっこり♪

3.「こんなに可愛いイノシシ母子の写真絵本は見たことがない」

国立科学博物館長・林良博氏からも絶賛のコメントをいただきました!
愛情いっぱいの写真絵本を、ぜひご家族でお楽しみください。



矢野誠人(やの・まさと)
動物写真家。1984年4月、兵庫県伊丹市生まれ。28歳から独学で写真撮影を始め、スタジオカメラマン兼アシスタントを経て36歳でフリーランスに。次第に野生動物を撮影するようになり六甲山での撮影を始める。そこでイノシシたちに出会って以来、イノシシの撮影がライフワークとなる。現在は日本各地で野生動物の撮影に取り組んでいる。イノシシの赤ちゃん〝うりぼう〟を題材にした「密着!!うりぼうの1日」で2020年、第1回「日本写真絵本大賞」金賞受賞。
Instagram:mst.dol14


林良博(はやし・よしひろ)
国立科学博物館長、東京大学名誉教授。1946年7月広島県生まれ、富山県育ち。東京大学・農学部卒業後、同大学大学院・獣医学専攻に進学。1975年「日本産イノシシの頭蓋に関する形態学的研究」で博士号取得。同大学農学部長、総合研究博物館長、理事・副学長を歴任。山階鳥類研究所長を経て、兵庫県森林動物研究センター名誉所長。

矢野誠人(やの・まさと)
動物写真家。1984年4月、兵庫県伊丹市生まれ。28歳から独学で写真撮影を始め、スタジオカメラマン兼アシスタントを経て36歳でフリーランスに。次第に野生動物を撮影するようになり六甲山での撮影を始める。そこでイノシシたちに出会って以来、イノシシの撮影がライフワークとなる。現在は日本各地で野生動物の撮影に取り組んでいる。イノシシの赤ちゃん〝うりぼう〟を題材にした「密着!!うりぼうの1日」で2020年、第1回「日本写真絵本大賞」金賞受賞。
Instagram:mst.dol14


林良博(はやし・よしひろ)
国立科学博物館長、東京大学名誉教授。1946年7月広島県生まれ、富山県育ち。東京大学・農学部卒業後、同大学大学院・獣医学専攻に進学。1975年「日本産イノシシの頭蓋に関する形態学的研究」で博士号取得。同大学農学部長、総合研究博物館長、理事・副学長を歴任。山階鳥類研究所長を経て、兵庫県森林動物研究センター名誉所長。

テレワークの「落とし穴」とその対策

テレワークの「落とし穴」とその対策

緊急出版!たちまち重版!
米IBM・ヤフーは既にテレワークを廃止したにもかかわらず、日立や富士通などの日本企業は推進して大丈夫か!?
元毎日新聞経済部記者の小林剛氏が在宅で徹底検証!
未曾有のコロナ禍の中で、多くの企業がテレワークを余儀なくされた。しかし果たして、各企業とも生産性は向上したのか?また、在宅勤務は日本企業の体質に、あるいは社員たちの家庭環境に馴染むのだろうか?様々な角度から、テレワークの問題点=「落とし穴」を分析。その対策と解決方法を探っていく。さらに、テレワークによって変わっていく社会の未来を予測。
コロナに負けない企業と日本の社会を築くために、経営者、管理者、在宅従事者必読のハンドブックです!

  • 【目次】

  • 第1章 IBM、米ヤフーは在宅勤務を廃止していた
  • 第2章 上司・会社がはまる落とし穴と対策
  • 第3章 社員がはまる落とし穴と対策
  • 第4章 テレワークの未来
  • 第5章 テレワークガイドブックの道案内

小林剛(こばやし・つよし)
1953年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒、同大学院政治学研究科中退。1978年毎日新聞社入社、福井支局、神戸支局、大阪経済部、東京経済部を経て週刊『エコノミスト』編集委員など。現在フリーライターとして活躍中。

テレワークなのにハンコ出社
「社印押印のため出社」に代わる電子契約の仕組みとその落とし穴とは?

在宅勤務は夫婦危機を招く
夫婦間ですれ違う思いやトラブルなど、実態とその回避策とは?

テレワークで給料が減る
残業は禁止?!みなし労働時間の落とし穴とは?

中村征夫の
Osakanaカレンダー

月めくり・卓上(170×134×10mm)

水中写真家・中村征夫さん撮影のかわいいおさかながいっぱい!
中村さんだから撮れたユニークで癒されるおさかなたちの正面顔!

『まだある。』ロングセラーカレンダーカレー編

月めくり・卓上(170×134×10mm)

『まだある。』シリーズの初見健一さん編集!おなじみカレーの誕生秘話や発売当初のパッケージも!
懐かしい、けれどまだあるカレーが1年を彩ります。

まだある。おやつ編 改訂版

まだある。おやつ編 改訂版

一家に一冊必携!昭和のおやつ本改訂版
「まだある。おやつ編」を改訂し、最新情報を加えました。
昭和生まれのロングセラー商品を100点、オールカラーで年代順に収録。昭和っ子たちが食べていた身近なおやつを、当時の記憶がよみがえる「おやつあるある」と共に紹介します。もちろん、「まだある」おやつばかりなので、昭和っ子だけでなく平成っ子たちも楽しめます!
カタログでありながら手軽に読めるのが嬉しい文庫サイズ。
来たる夏、おやつをつまみながら懐かしい思い出話で盛り上がるのにぴったりな1冊です。


部活帰りによく食べた懐かしい味
「スペシャルサンド」

中央の「赤丸」をいつ食べるか悩んじゃうおやつ。

おばあちゃんちでポリポリ食べた
「かりんとう」

今では心踊る形や味がたくさんあるおやつ。

プール終わりの栄養補給によく食べた
「黄金糖」

まさに「食べる宝石」といわれる輝きを放ったおやつ。

おせんべいと言われればこれっ!
「ソフトサラダ」

とっても軽い食感で1袋2枚入っているのがうれしいおやつ。

中村征夫の写真絵本 サンゴと生きる

中村征夫の写真絵本 サンゴと生きる

水中写真家・中村征夫さんがサンゴの生態を「写真絵本」として描きました。主人公はサンゴに棲むオオアカホシサンゴガニ。
サンゴがどんな環境で生まれ、育ち、どんな生き物たちと共生しているのか。海の神秘と自然の循環を子どもたちにもわかりやすく解説します。本書のために沖縄・慶良間諸島へ行き、中村さんが初めてサンゴの喧嘩シーンの撮影に成功!日照権を争うサンゴ同士の壮絶な闘いを、貴重な写真で鮮明に見ることができます。
地球温暖化や環境問題が世界中で叫ばれる中、子どもたちがサンゴの生態を通して自然環境を学べる一冊です。

サンゴのすきまにすむオオアカホシサンゴガニが主人公。

海にはぼくらをおそう魚がたくさんいるけど、かたいサンゴにかくれているから安全なんだ。
ごはんはサンゴが出す粘液を栄養にして食べているからとっても元気。

サンゴは水温が18~30度のあたたかい浅い海にすんでいて、色も形もさまざま。みんな寄りそい美しさをきそっているようにも見えるよ。
成長が速いサンゴと成長のおそいサンゴがお日さまの光を求めてケンカもする。しょく手を長く伸ばして敵をこうげきしたり・・・・・。

海のなかにはオニヒトデというサンゴを食べてしまう生きものいる。
でも、サンゴたちがいちばん恐れていることは、地球温暖化による白化現象なんだ。
海水温が30度をこえるとサンゴはまっ白になっちゃう。

サンゴは毎年初夏の満月の頃、夜の海で産卵する。
サンゴたちがすくすく育てば、みごとなサンゴ礁となってたくさんの命がはぐくまれ、その恵みをうけて、
海の生きものたちや人々も、安心して暮らすことができる。