ホーム > 書籍情報 > 歴史ポケット新聞 > ポケスポ立ち読み > 【相撲】朝青龍 トリプル快挙!! [平成17年]

ポケスポ 立ち読み

平成17年11月14日

朝青龍トリプル快挙!
【福岡総局】11月場所14日目(26日・福岡国際センター)、横綱朝青龍は大関魁皇を破り、15度目のV。これで7連覇と年間完全制覇という大記録を達成した。年間勝ち星も83勝とし、新記録を樹立した。

 勝ち名乗りを受けながら、下を向き涙ぐむ。朝青龍は35本の懸賞を両手で拝むように受け取った。館内中が福岡県出身の魁皇を応援する中、打ち立てた金字塔。「周りが魁皇、魁皇って騒ぐから、寂しくなった」と本人が言うとおり、完全アウェーの中で見事な三冠達成だった。
 大鵬の6連覇を上回る7連覇、年6場所完全V。北の湖が昭和53年に樹立した年間82勝を上回る83勝。実績で過去の大横綱たちと肩を並べた。
「今どこにいるのか分からない気持ち。今までと全然違うすごいこと」と語った。
 前日は琴欧州に土俵下まで吹っ飛ばされた。いつもなら、取組後は荒れるはずが、その日は終始、穏やかだった。指摘され続けてきた心の部分も、大横綱に近づいてきたのかもしれない。「三つの記録を作った朝青龍に感謝したい。プレッシャーはだいぶ感じていたんだ」。重圧から解放され、自分で自分を褒めたたえた。

◆年間白星…1位朝青龍84勝、2位北の湖(昭和53年)82勝、3位大鵬(38年)81勝、4位千代の富士(60年)・貴乃花(平成6・7年)80勝 (平成17年現在)

歴史ポケットスポーツ新聞を立ち読みする

« 歴史ポケット新聞


本をさがす
買い物かご

買い物かごは空です

買い物かご

大空出版

まだある。昭和ナビ