ホーム > 書籍情報 > 歴史ポケット新聞 > ポケスポ立ち読み > 【野球】イチロー 前人未到。200安打達成 [平成6年]

ポケスポ 立ち読み

平成6(1994)年9月20日


【神戸支局】9月20日、オリックスの本拠地グリーンスタジアム神戸で行われたロッテ戦で、イチロー選手が6回に二塁打を放ち、史上初のシーズン200安打を達成した。

 前人未到の記録へあと3本として、この日のロッテ戦を迎えたイチロー選手。第1、2打席で中前安打を放ち、一気に王手をかけて臨んだ6回の第3打席。グリーンスタジアム神戸にとどろく大声援の中、ロッテ・園川一美投手から放った鋭い打球は右翼線へ。122試合目にして、誰もなしえなかったシーズン200安打の偉業を達成した(シーズン終了までに210安打)。
 二塁ベース上で、普段通りのポーカーフェイスで記念のプレートを高々と掲げたイチロー。200安打は通過点とばかりに第5打席も左前安打を放ち、記録を伸ばした。記念の一打の感想を求められた若武者は、「打ったのは真ん中の抜いた球。一本目が出た時、『いけるかな』という予感がありました」と淡々とした“イチロー節”で応じた。
 開幕前にパンチ(佐藤和弘)選手とともに、登録名をカタカナに変更。シーズン当初は登録名と、その独特な打法ばかりに注目が集まった。しかし、スタメンから外れることなく安定した結果を残し、1番に定着すると、6月25日にシーズン100安打の最速記録を更新。9月14日には、日本記録となるシーズン192安打を達成した。イチロー人気にオリックスの本拠地観客動員数は前年比約20%も上昇。プロ野球界に、ニューヒーローが誕生した。

歴史ポケットスポーツ新聞を立ち読みする

« 歴史ポケット新聞


買い物かご

買い物かごは空です

買い物かご

大空出版

まだある。昭和ナビ